前へ
次へ

医療保険に加入する前に知っておくこと

社会人になると民間の医療保険に多くの人が加入しますが、その目的として、入院、手術した時にお金がかかり、その間働くことができないからでしょう。
働く人が収入が無いのは当然ですが、一般の会社員、公務員でしたら有給休暇の制度がありますので、多少の休暇は大丈夫でしょう。
ただ医療保険に加入するのは、保険金のムダです。
入院、手術をしたときには何が不足して何が必要なのかを調べることから始めなくてはいけません。
たとえ手術で数10万円がかかったとしても、高額医療の制度があるので、申請すれば月々の治療費の上限は10万円を超えることはないでしょう。
差額ベッド代、食費などの治療費以外の部分で必要な費用はもちろん必要です。
健康保険の制度である程度補助がありますので、補助としてどれだけあるかを調べます。
そして、それで足りない部分を民間の保険でまかないます。
補償内容にもよりますが、掛け捨ての部分が多いのが保険です。
ですのでなるべくムダの無いようにすることが大切です。

Page Top