前へ
次へ

避難することで医療に必要な課題も分かる

医療機関には、自然災害などに見舞われて避難してくる被災者の受け入れのみならず、自主的に避難訓練を実施しているそうです。
特に、夜間を想定して行われているのが特徴で、全ての医療従事者が参加しています。
例えば、火災警報が鳴り、消防署への通報から初期消火と避難が行われるのです。
担送・護送の流れを実際にやってみて、その時初めて危ぶんでしまう場面に遭遇するもので、避難までにどれだけの時間がかかるのかさえ不確かなのです。
もちろん、消火栓や消火器を実際に操作する訓練も必要、命を救う医療従事者なのですが、多くの者が消防は未知の体験になるはずです。
訓練と分かっているけれど、避難誘導も真剣になります。
外来患者や入院中の患者さんの協力のもと実施されています。
もちろん、遭ってはならないことですが、いざと言う時に迅速化できる流れが確認できますし、課題も見えてくるでしょう。
避難する時に転倒してケガをする、煙を吸い込んで消化器に異変が起こる、火傷などの処置できるだけの人員はいるのか、処置できる者の選出も必要になるでしょう。
医師や看護婦長が先に立ち、指示を出すことも大切です。
こんな経験はなかなかできないので、貴重なデータが取れます。

Page Top