前へ
次へ

院内感染とそうでないケースの違い

病院には多くの病気の患者がいます。
その中には人への感染の可能性のある病気もあるため、感染病の患者は別途隔離されて治療が行われます。
ただ感染病の中には軽く考えられるものもあり、それらが患者や院内のスタッフに感染してしまうときがあります。
院内で新たに感染が広まったときに院内感染と言います。
良くあるのはインフルエンザの院内感染で、病院内でインフルエンザの患者がいるときには十分注意しないといけません。
院内感染が起こるとその病院においては色々な検証などがなされ、以後の取り組みなども示す必要があります。
大事なこととはいえ病院にとっては負担になるときもあります。
院内感染のように見えて実は院内感染ではないときもあるので、それを除外して院内感染の対処を考える必要があります。
ある病気で入院した人が別の病気に感染すると院内感染が疑われますが、検査によって入院前から持っていた可能性があるときは院内感染にはなりません。

Page Top